iPad iPhone充電できない問題をすぐ解決!冬に注意!

iPadもiPhoneも充電できない

iPadに症状が出やすいのは、所有者が不在の際に家で留守番しているためでしょう。

どんな症状?

  • バッテリーの減りが異常に早い
  • 長時間充電してるのにあまり増えてない
  • なかなか充電できない
  • 残量があるのにオチる

これらの症状が出ると焦りますよね💦
冬の寒さというか、低い気温に弱いのがApple製品。

人間が心地よいと感じる気候ならMacたちも元気にしている。
でも冷え性の彼らは気温が10度を切ってくると、途端に元気がなくなる。
実際寒い部屋で留守番していたMacのボディは、キンキンに冷えている。
触るとめちゃくちゃ冷たい!

どうしたら充電できる?

iPhone iPad 充電できない時の対処法


冷え切ったボディを常温まで回復させる必要があるので、まずは部屋を温めて冷えた本体も温めないといけません。

筆者は暖房を入れてホットカーペットの上で徐々に温めてから充電しています。
急激にあたためたり、あたため過ぎは良くないので、冷たくない程度が目安でしょうか。
(我流なので試す場合は自己責任でお願いしますね)

いきなり充電に注意!

キンキンに冷え切ったデバイスをいきなり充電すると、データごと吹っ飛ぶ可能性もあるようなので注意しましょう。

充電できたと思っても

フル充電できても部屋が冷えてきたり、気温の低い状態になると再びバッテリーの消耗は激しくなります。

電源の再起動や、ライトニングケーブルの挿し直しもたまに効果があります。

ちなみに2019年製のiPadあたりから、寒くても全く充電できないという事はなくなりました。

実はバッテリーが不良品だった?

iPhoneはバッテリー交換対象のものがけっこうあるので、そもそも自分のiPhoneが対象品でないか確認しましょう。
公式サイトで、交換対象かどうかは調べられます。
シリアルコードを入力して検索できるので、対象品かは即わかります。
バッテリー問題はずーっと存在するので、本当におかしいと思ったらサポートに相談してみましょう。
電源関連を初期化することで回復することもあります。

ちなみにBluetoothをOFFにしても、勝手にONになる仕様になっているので電池残量が少ない場合はBluetoothをOFFにしましょう。

というわけで、愛情だけではポカポカになってくれない彼らには、本当に暖をとらせてあげないといけないという事です。

iPhoneが勝手に充電されている現象

ちなみに筆者のiPhoneのバッテリーが、なぜか減らないのです。減らないどころか、増えていくのです。勝手に自家発電でもしているのでしょうか?そんな機能あったっけ??いや、ないですよ!そんな気の利いた機能は。じゃあなんでバッテリー残量が増えているのか?続きを読んでみる・・・